「アウトレイジビヨンド」のレビュー 前作「アウトレイジ」と話が繋がっているので、この映画を観る前に前作の鑑賞をお勧めします。 で、前作を踏まえて観始めると、今回は何だか異様に静かに始まります。 このシリーズの売り物である暴力描写も前半は抑えめ。あったとしても間接的な描写にとどまります。でも、後半にそういった見せ場は取ってあるので大丈夫。うっかり声を出してしまいそうになるほど痛いシーンもございます。 今回も前作同様、登場人物の出演する時間にあまり偏りが無いように見えます。 この作りというのがなかなか巧みで、あまり誰にも感情移入できないようにしているんじゃないかと思えます。鑑賞者はさながら、この顛末の「傍観者」になっている感じ。 北野映画特有のアートな演出は鳴りを潜め、専らエンターテインメントに徹しています。彼の作品としては非常に分かりやすい。 北野印だな、と思えるのは、殆ど顔アップのカットが無いこと。一人の人間が映っているところでも、画面には上半身より上が大概映っています。