通常のビギナー向けの外国為替証拠金取引の書籍では「損失を被った状況ではナンピンによって、ポジション全体の価格を低くする事が出来る」と説明されていますが、実際にはナンピンには隠れたリスクが潜んでいます。はじめに、ナンピンの仕組みについてとても簡単に記述しておきます。ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。$買いのためドル高に推移するほど儲けを得られますが、不幸にして1ドル=95円まで円高ドル安に向ってしまったとします。その場面で所有し続けたら損失が回復するまでには、円高になった分円安ドル高が進まなければなりません。誰でも、赤字は早急に無くしたいと願うでしょう。そこで最初に売買したのと同額のドルを、取引します。そうすると、ポジションの平均の価格は1ドル=97.50銭まで低くすることができる。その結果、半分の幅で円安が進むと、損失を回復する事ができます。この流れがナンピン買いの理論です。このとおり、ナンピンの原理を知ると「確かに」という風に思うが市場は容易には上手くはいきません。元々、95円が下限だとということなど誰一人としてわからないのである。仮定として、市場が強いドル安動向だとすると95円では止まることなく、更に一段のドル安に向うリスクはあります。ひとつの例として、97.50円でナンピン買いをするとしても1ドル95円までドル安に進んだらナンピンしたポジションについても、差損が生じることになってしまうのである。この状況では、一番初めにエントリーしたドルと同時に、より大きな差損が生まれます。この例のように、ナンピン買いは大変です。であるなら、外国為替市場が己のシナリオとは反対の方向に向ってしまった場合どのやり方で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。こういう状態で選択する選択肢は限られています。ひとつめは潔くあきらめて、損切りをすること。ふたつめは今、あなたが保有しているポジションを縮小することによってもう一回市場が戻るのをひたすら待ち望むことです。ちょっと主体性のない手法だと思う投資家もいます。しかし、持っているポジションに差損が生まれた時最もリスクが低い方法はこれ以上のものは考えられません。無論、理屈の上では、ナンピンするという方法もあるように思える。だがナンピンは自身がマイナスになっている状態にもかかわらず、買いポジションを減らすどころか、反対にポジションを積んでいく方法である。これでは、危険性を避けることなど、不可能だ察するべきです。ナンピン買いを続けられればやがてはマイナスがプラスになるかもしれません。けれども、それ以前にお金は足りなくなってしまいます。